伊賀シンフォニックアカデミー吹奏楽団

Weblog

10月23日の練習

カテゴリ: 練習
なかもり
この日は創立50周年記念の委嘱作品の作曲者の櫛田てつのすけ先生がお見えになられ、記者会見ならびに、練習のご指導をしていただきました。
記者会見では伊賀上野ケーブルテレビと毎日新聞社に来ていただきました。
まず先生が音楽の道を歩んだ理由から述べられて、京都教育大で数学科だったが単位を取るため、たまたま音楽を勉強することになり、勉強すればするほど、音楽は数学そのもので、たとえばべートヴェンの交響曲等は音を数字で表すと関数であるということを実感して音楽に興味を持たれた、と話しておられました。
委嘱作品、吹奏楽のための3章「忍び・伊賀の里」を通じて忍者が活躍した戦国時代を連想してもらうとともに、現代の情報社会との繋がりを感じてもらいたいとも話しておられました。
定期演奏会では作者の意図を感じてもらえるよう頑張りますので、たくさんのご来場お待ちしております。
817_4.jpg817_3.jpg817_2.jpg817_1.jpg
817_5.jpg
817_8.jpg817_7.jpg817_6.jpg
817_11.jpg817_10.jpg817_9.jpg
なかもり
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文